PRINT  | SITEMAP | KONTAKT

   
HOME JP
SNOWY WHITE JP
バイオグラフィ
GALLERY
BANDS
new DISCOGRAPHY
JAM WITH SNOWY
The White Flames jp
スノーウィー・ホワイト  バンド
TOUR DATES
ROGER WATERS  jp
REVIEWS jp
SPEZIAL JP
TOPS  JP
NEWS JP
 
Deutschعربي.Translation EnglishTraduccin EspaolTraduction Franais

Traduzione ItalianoNorskλληνικάPolishTraduo PortugusПеревод Русский язык

Prelozenie SlovenskyDutch日本語Překlad Četina
 
 
 
スノーウィー・ホワイト



スノーウィー・ホワイト

スノーウィー・ホワイトは、イギリスのクラシックブルースのオリジナリティ溢れる音や、テクニックとスタイルで現代のロックを興奮させる、わずかなギタープレイヤーのうちの一人です。

10代前半に、彼はブルースに夢中になりました。

70年代前半、ポケットにクラシックないくつかの小銭と共にロンドンに着いた彼は徐々に有名になり、味のあるプレーヤーとしてやっていくのが簡単な人として尊敬されました。




ピーター・グリーン
(アイ・ラヴド・アナザー・ウーマン/ スノーウィー・ホワイト @ ユーチューブ)

1974 年に彼は、アメリカの東海岸でツアーをして、ニューオリンズと同じくらいはるか南で彼が完全にその道の上にいる事が楽しい事を発見しました。

彼はイギリスの伝説のブルースギタリストのピーター・グリーンと仲良くなり、多くの時間を一緒に演奏をして費やしました。

70年代半ば、スノーウィーは様々なセッションでプレイし、スタジオ環境の中で、彼の能力を発達させ、彼自身の資料を書き始めました。




1977 アニマルズツアー

1976 年の秋には彼は、ピンクフロイドの彼らの最初の増大しているミュージシャンとしてアメリカやヨーロッパツアーに招待され、 1977. 年を通じて自分の時間のほとんどを演奏しました。

1979 年、ピーター・グリーンは、もう一度スタジオの先頭に立ち、スノーウィーに沿って演奏に招待することを決めました。その結果、アルバムは、現在コレクターアイテムとされる «イン・ザ・スカイズ», と題されました。




Trouble Boys (@ YouTube)

彼は、ピンク・フロイドに «ザ・ウォール» と題する彼らの新しいショウのリハーサルをする為にアメリカに行くか尋ねられ、また同時に、ロックバンド、シン・リジーの正式メンバーになることを依頼されたので、フロイズのアメリカの日程が終了した後はイギリスに戻り、シン・リジーのファーストアルバム «チャイナタウン» のレコーディングの為にまっすぐスタジオに向かいました。1982 年、バンドの二枚目のアルバム «レネゲイド» の後、彼は彼自身の事をして、バンドを辞める時であると決めました。




ライブ・イン・ロンドン 1984年

スリーピング・ストーンズ
(ビデオ@ ユーチューブ


彼はそれから、長い間称賛を受けた有名なミュージシャン達と一緒に集まりました。 ドラマー/パーカッション奏者のリチャード・ベイリー、キーボードプレーヤーのゴドフリー・ワング、そしてベーシスト兼プロデューサーのクマ原田。彼らは一緒にスノーウィー初のソロアルバム、 «ホワイト・フレームス»に追いつきました。 1つの、時代を超えた«バード・オブ・パラダイス»は国際的にヒットしました。

彼は、彼の音楽の方向性を再考するため休みました。その間に、彼はブルースバンドと一緒にライヴを行ったり、二つのアルバム«チェンジ・マイ・ライフ» , «オープン・フォー・ビジネス»のレコーディングをしました。




コンフォータブリー・ナム(@ ユーチューブ )

1990年6月 、ピンク・フロイドから別れていたロジャー・ウォーターズはスノーウィーに、ベルリンで350,000人の観客の前で見ごたえのある «ザ・ウォール» のショーを実行するか尋ねました。多くの観客の最も記憶に残る瞬間は、約24メートルの壁の上から演奏した«コンフォータブリー・ナム» でのスノーウィーのギターソロでした。

1991年 、ロジャー・ウォーターズは、今回セビリヤでのエキスポの一つとしてのコンサート、««ギター・レジェンズ» をやるために再びスノーウィーを呼びました。

このコンサートの後スノーウィーは、彼が以前数年間書いていた曲のレコーディングにとりかかりました。その結果、アルバムは «ハイウェイ・トゥ・ザ・サン» と題されました。




ザ・ホワイト・フレイムス

クリス・レア、デヴィッド・ギルモアとゲイリー・ムーアによるゲストとしての出演をするのを除き、それはまた2つの新たな華々しいオランダ-インドネシアの音楽家、ドラマーのJuan van Emmerloot、そしてベースとリズムギターのウォルター・ラトゥペイリッサを紹介しました。また、クマ原田もベースとリズムを演奏しました。

スノーウィーの次のアルバムのプロジェクト «ゴールド・トップ» 、これは彼のギブソン、レスポール・ゴールドトップ・スタンダード・ギターで良く知られています。それはスノーウィーに関係している 1974年 から 1996年 の資料を特徴とし、シン・リジーからの二曲が含まれいるこれは、ピーター・グリーン «イン・ザ・スカイズ» からのセッション(ピーターの二番目のギターと)、アル・スチュワート・ライブ・イン・フィラデルフィア(1974年)、そして完成したヴァージョンは唯一、スノーウィーのオリジナル・ギター・ソロがフィーチャリングされているピンク・フロイドの曲 «ピッグス・オン・ザ・ウィング» でした。

スノーウィーは、彼のホワイト・フレームス・バンドと共に3枚のアルバムをレコーディングしました。1996年 には «ノー・フェイス・リクワイヤード» 1998年には «リトル・ウイング» そして 1999年«キープ・アウト:ウィー・アー・トキシック».




イン・ザ・フレッシュ
(ビデオ@ ユーチューブ

1999年 、スノーウィーはロジャー・ウォーターズのバンド、«イン・ザ・フレッシュ» に加入しアメリカツアーは大成功をおさめ、2000年の夏にロジャーは、合衆国をツアーし、この時期にライブアルバムをレコーディングし、そのショウのビデオを作りました。



最後の «ホワイト・フレイムス»アルバム( 3枚セット)、«レストレス» と名付けられたCDは、2002年 5月にリリースされました。

2002年2月から7月に、スノーウィーはロジャー・ウォーターズと世界ツアーを行いました。




ワット・アイ・アム・サーチング・フォー (ビデオ@ ユーチューブ

2005年 春、新しいホワイト・フレイムスのリリースされたCD
«ザ・ウェイ・イト・イズ» は、
リチャード・ベイリー(ドラム/パーカッション), ウォルター・ラトゥペイリッサ (ベース) そして
マックス・ミドルトン (キーボード)は、リチャード・ベイリー(ドラム/パーカッション)、ウォルター・ラトゥペイリッサ (ベース) 、そしてマックス・ミドルトン(キーボード)の基本的な4人の団体で成り立っています。スノーウィーは、2005年にリリースされたアルバム、DVD «ザ・ウェイ・イト・イズ - ライブ-» の宣伝のため、現在このバンドでツアー中です。





American Dream
(ビデオ@ ユーチューブ

4月から2006年10月 スノーウィーはロジャー・ウォーターズとヨーロッパとアメリカツアーをしました。

この後、彼は彼のバンド、ザ・ホワイト・フレイムスと共にイギリスとヨーロッパでいくつかショウをしました。

2006年11月 には、彼はホワイト・フレイムスの新しいスタジオ・アルバムの為に、ロッテルダムのスタジオで一週間過ごしました。

 


[ SW | RS | Mai]


 ホーム | TEAM | LOGIN | SIGN UP | ADMIN | IMPRESSUM | UPDATE
Free counter and web stats